MENU

プレス加工について

抜き打ち、穴加工などさまざまなプレス加工に対応

抜き打ち加工、穴あけ加工、せん断加工、縁取り、縁仕上げ、曲げ、絞りなど、製品の強度・加工性を高めるためには、あらゆるプレス加工技術に精通していなくてはなりません。藤井プレス工業株式会社は創業60年の豊富な経験とノウハウを背景に、高度な機械設備、熟練の技を駆使して、お客様の要求水準に応える優秀なプレス加工品をご提案できます。

プレス加工の種類

プレス加工の種類

自動成形(順送型加工)
藤井プレス工業が得意とするのは順送金型の製作と、これを用いた自動成形。板厚1㎜のコイル材を金型上で一度に抜きや曲げ、後述するビード、リブなどの加工を施します。
プレス曲げ(曲げ加工)
材料となる金属平板を、金型を用い曲げる加工がプレス曲げと呼ばれるもの。薄い金属の板を曲げて精度を出すのは難しく、加工技術が問われます。プレス加工一筋の藤井プレス工業なら、板厚が0.1㎜のステンレス薄板をさまざまな角度に曲げる加工が可能。もちろん正確に規格通りの寸法を実現できます。
プレス穴あけ(抜き加工)
材料となる金属の板を金型で上下に挟み、力を加えることで板に穴をあける加工法をプレス穴あけ、または抜き加工と呼びます。使用金型は、棒状のものとその棒の直径と同じサイズの穴があいたドーナツ型のものが一般的で、これで上下から材料を挟み、圧力を瞬時にかけて板材に穴をあけます。なお、棒状の金型を「パンチ」と言い、ドーナツ状のものを「ダイ」と呼びます。
リブ・ビード
リブとは補強材のこと。平板部や肉薄部を補強するために、その面と直角に取り付ける部材・機械部品のことを指します。平板プレス加工では、どうしても強度不足になる箇所ができるため、このリブで補強します。また、ビードとはリング状の補強材で、面の強化を目的として使用するもので、ひも出し加工とも呼ばれています。なお、これらの加工法はリブやビードの深さによって、周囲が引っ張られるため加工が難しく、慎重な作業が求められます。なお、薄い金属板のプレス加工を得意とする当社は、このリブ加工、ビード加工でも高い品質と精度をお約束します。
絞り加工
一枚の金属の薄板から円筒・角筒・円すいなど、さまざまな形状の底付容器を作る加工法としてよく知られているのが絞り加工。成形された製品につなぎ目がなく、良好な仕上がりが期待できますが、プレス加工の中でも最も技術と経験を要する分野です。金型の出来や成形機の性能、加工条件、技術者の熟練度など、どれが欠けても割れやクラック、皺(しわ)や歪みのない理想的な製品になりません。
バーリング
プレス加工した部品にネジ穴を作る場合、板厚が薄いと加工が難しくなります。この問題を解決するのがバーリング。パンチングで下穴を抜いて、その縁を成形加工(フランジ加工)する工程です。ただし、その縁にバリが出ないようどう加工するかで仕上げの品質に差が出ます。また、板が割れないようバーリング加工することはたいへん難しく、高度な技術と経験が必要になります。
圧縮加工(刻印)
プレス加工を施した金属材料の表面にシリアルナンバーなどを刻印する手法を圧縮加工と呼んでいます。藤井プレス工業では、3D-CADを駆使した立体形状の加工・刻印も得意としています。

「藤井プレス工業」のプレス加工とは

藤井プレス工業」のプレス加工とは

創業から60年間、プレス加工を磨き続けてきた藤井プレス工業。抜き打ち加工、穴あけ加工、せん断加工、縁取り、縁仕上げ、曲げ、絞りなどの加工を自動で行う順送プレスはもちろん、それらの加工を一つひとつ行うことで金型の簡略化・低コスト化につながる単発プレスまで、柔軟な製作対応が可能なのも、この経験とノウハウがあるからこそだと言えます。
なお、当社は、よりよい製品づくりを目指して品質マネジメントシステム「ISO9001」、環境マネジメントシステム「ISO14001」を取得し、より優れたモノづくり、環境に配慮したモノづくりを実践しています。